奨学金返済できない人のための債務整理方法

奨学金返済できない人のための債務整理方法

奨学金返済できない人が多くなっている中で、自己破産などの債務整理を選択する人が増えてきています。奨学金返済の方法は自己破産以外の債務整理方法もあるので検討するといいです。奨学金が払えないならこちらを参考にしてください。

ホーム

奨学金返済できない場合の対策方法について

奨学金返済できない場合の対策

 

奨学金返済ができない若者が増えてきているのはニュースなどでも話題になっていますよね。

 

実際に奨学金返済のために風俗で働いている女性や、奨学金返済のために色々なところから借金している人も出てきています。

 

奨学金返済は滞納してしまうと金融機関のブラックリストに掲載されてしまって、お金が借りれなくなってしまうという事態になってしまいます。

 

そのためお金が借りられず、奨学金が返済できないため、利息が増えてしまってどうしようもなくなってしまう人が出てきています。

 

そもそも奨学金制度とはどのようなものなのでしょうか?

奨学金制度とはどのようなものなの?

奨学金制度とは

 

奨学金は高校や大学へ通う学費が無い学生のために日本学生支援機構の「奨学金制度」を使って学費を工面することができるというありがたい仕組みです。

 

基本的に奨学金でお金を借りて大学などの学費を工面していって、卒業後に毎月一定額を返済していくという仕組みになっています。

 

近年では大学の学費の工面のために奨学金を利用している人が多いですが、日本の奨学金は無償ではなく有償なので、返済義務を負う奨学金が一般的になっています。

 

大学の学費などは私立か国立によって違うだけでなく、学部などによって大きく違ってくるので注意が必要です。

 

基本的に大学の学費は高額なので、大学卒業の時点で数百万円の奨学金という借金を背負わされて世間に出されるという現状があります。

 

そのため奨学金返済のために20年近く毎月15000円くらい支払っていかなければならないということも珍しいことではないです。

奨学金返済できない若者が増えている原因

奨学金返済できない若者が増えている原因

 

奨学金は昔からある制度ですが、どうして近年になって奨学金が返済できない若者の問題がクローズアップされているのでしょうか?

 

奨学金で大学を卒業した学生は、卒業後にしっかりと働いて返済していくことを想定して作られている制度ですが、雇用が流動化して終身雇用制度が崩壊している現在では何十年も返済が必要な奨学金返済ができないというのが大きな理由です。

 

つまり非正規雇用が増えているという問題はニュースでも多くやっていますが、こうした非正規雇用の若者が奨学金返済の負担に耐えられなくて、払えなくなってしまったというケースが多いです。

 

さらにそもそもの大学の学費が高くなっているもの原因の一つです。

 

大学の学費は少子高齢化による生徒確保のために、色々な設備投資にお金を使っているという現状があります。

 

そのため生き残りのためにどんどん設備を充実させており、その結果学費が高くなっていっているという現状があります。

 

これからも大学の学費はどんどん高くなっていく可能性が高いので、さらに奨学金が返済できない若者が増えてくると思います。

奨学金が返済できない場合にはどうなるのか?

奨学金が返済できない場合

 

奨学金が返済できない若者が増えており、制度の問題が指摘されている現在ですが、実際に奨学金が返済できない状態になるとどうなるのでしょうか?

 

というか奨学金を滞納してしまった場合に日本学生支援機構などの奨学金を取り扱っている機関がどのような対応をするのかが問題になってきます。

 

昔は滞納する人がいて問題になっていましたが、そのため現在では滞納者に対してかなり厳しい取立てや措置が行われているという現状があります。

 

奨学金返済できない場合の機関の対応

    • 引き落としされないと催促される
    • 催促されても返済されない場合は法的措置
    • 最終的には差し押さえや強制執行

引き落としされないと催促される

奨学金は返済が滞ると本院や連帯保証人などに文書や電話などで督促が来るようになります。

 

さらにその後、奨学金を3ヶ月間延滞すると氏名や住所などの個人情報が、金融機関等によるブラックリストに掲載されるようになってしまって、クレジットカードやローン等が組めないようになってしまいます。

 

まだ若い時期にこういったクレジットカードやローンが組めないというのは結構やっかいなデメリットなどで、延滞3ヶ月くらいでもかなり厳しいと取り立てだということがかります。

 

ちなみに金融機関のブラックリストは最低でも5年から7年は削除されないので注意しましょう。

催促されても返済されない場合は法的措置

上記のような催促があった場合でも奨学金の返済が行われないような場合には、法的な措置が行われることになります。

 

具体的には返済を求める裁判手続きが行われるということになります。

 

ちなみに裁判になるとこちらが敗訴するので、そうなると滞納者に裁判所から奨学金を返済するようにという命令が行われます。

最終的には差し押さえや強制執行

裁判所で奨学金の返済を命令されても返済が行われないような場合には、財産の差し押さえが行われます。

 

ここまでくると最終段階と言っていいと思います。財産が差し押さえられると競売などにかけられてしまうのでどうしようもなくなってしまいます。

 

このように奨学金返済が滞るとかなり厳しい取立てが待っているので、できるだけ早めに債務整理をしたほうがいいです。

任意整理で示談が成立しないことはあるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

任意整理は裁判などを通さずに、債権ヒトと借金ヒトが交渉して借金コーディネートを行う計画になっており、交渉した実りコンセンサスによって借金が削減されたりするという債務整理計画になります。

そこで気になるのが任意整理を行っても示談が成立しないことはあるかということです。示談が成立しないと借金コーディネートを行うことができないので非常に大変問題です。

しかし実に弁護士や裁判書士などの精鋭に債務整理の任意整理の打ち合わせを任せた場合には、マターがない限りは示談が成立しないということはないです。ただ任意整理を自分で行っている場合には簡単に示談が成立しないことが多いので注意しましょう。

ちなみにマターとは、債権ヒトが超越利回り分の返却を渋っていたり、売買内容を結構口外しなかったりという時です。ただ現在ではこういったことが原因で金融庁による自治体処置が強化されているので恐れは少ないです。

任意整理では債務整理に著しい法律事務所を選択しよう

任意整理では基本的には精鋭が敢然と打ち合わせすれば示談するのは普通のことですが、こういう精鋭選びに失敗すると債務整理打ち合わせが上手くいかない可能性があるので注意が必要です。

弁護士や裁判書士にも自慢や下手くそがあるのは当然のため、債務整理を行うなら債務整理に強い法令の精鋭に依頼したほうがスムーズに手続きが行えるだけでなく、打ち合わせにも慣れているので有利な条件で示談することも可能です。

ただどうしてこういう債務整理に凄い法令の精鋭を探せばいいのか分からないという人も多いと思います。

当ウェブページでは国内やり方の債務整理に硬い法律事務所をいくつか掲載しているので参考にして見てはどうでしょうか。載せている法律事務所は借金の無料相談にも応じている業者なので、まずは無料相談を利用して自分の借金について話してみてはどうでしょうか。化粧品お試しトライアルセットランキング

自己破産の免責が認められるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

自己破産をしたいと思っていてもあんな簡単に認められるというものでもないです。司法の審査があってそれに通らないと自己破産は認められないです。

自己破産をしようと思っても実際にはできないという輩も居るのが現状です。そのため自己破産が認められる一番の手は弁護しないどの規律のフェチに依頼する状況です。

また自己破産が認められるためには自己破産する原因が義務になってきます。個人の場合だと、申立輩が返済だめ状態にあることを認定してもらう義務があるということです。

ちなみに返済だめペースとは、借り入れの決済技術にかけているために返済期日が到来している借金を有名かつ継続的に弁済することができない客観的なペースのことをいいます。

では具体的に返済だめ状態であるかどうかはどうして判断されるのでしょうか。

自己破産の返済だめペースとは

自己破産が認められる用事として返済だめ状態であることが必要だと伝えましたが、返済だめ状態であるかどうかは本人のマネーや頼り、面倒や能力はもちろんですが、年齢や性別、本業や月収、体調など色々な総合的関連によって判断されます。

つまり明確な制約というものはなくて、ケースバイケースで判断されるということになります。

返済だめ状態は借り入れの富だけで判断されるわけではないです。返済だめペースが一時的では無く継続的で、本人の見解では無く客観的に見て返済だめかなどが問われますので、まずは弁護士などのフェチに相談するといいです。

ちなみに一般的にはコミッションからお粗末生活費を差し引いた残額で、借金を3時世以内に返済できるか何とかが一つの据置になっています。とは言ってもこれもあくまで目安に過ぎないです。

まずは債務整理に力強い法律事務所の無料相談を利用して自己破産出来るか何とか相談してみましょう。葬式費用の安い葬儀社

個人再生のメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

個人再生のメリットとデメリットを知ることは債務整理を行う際に非常に要になります。債務整理の方法の仲間として個人再生を選択肢の仲間として知っておくことが大事になってきます。

・巨額マネーを手放す必要はない
個人再生の場合は、自己破産とは異なってうちや愛車などの巨額マネーを処分しない形で負債を整理することが大丈夫です。ただそのマネーを処分したら債権奴に配分されるであろう予算よりも多くの予算を支払う必要があります。

・自己破産のように権制限がない
自己破産の場合だと一定期間、特定の売買に就けないというような権制限がありますが、個人再生の場合だとそういう売買規定はないです。

・借金の理由は問われない
借金の理由は人によってFXやギャンブルなど色々ありますが、自己破産の場合だと、こういったギャンブルやFXが要因による借金は認められないことが多いです。ただ個人再生の場合だとこういった借金の要因を問われることなく手続きを進めることができます。

・押さえや競り市の中断が可能になる
個人再生を申立てた場合に、債権奴はとっくに差し押さえた資産に対して、強要執行や民事整備始末の失効ができなくすることが可能です。

こうして見ると個人再生には大きなメリットがあるように感じますが、個人再生にはデメリットはないのでしょうか。下から個人再生の具体的なデメリットも載せているので参考にしてください。

個人再生のデメリットとは

個人再生を行う場合にメリットを理解する事は大事ですが、さらにデメリットも理解することも大事になってきます。

個人再生の場合は他の債務整理のコツよりも手続きに時間がかかる場合が多いです。個人再生は自分で手続きすることも可能ですが、ただでさえ手続きに時間がかかるので弁護士などに任せたほうが無難です。

ただ個人再生は手続きに時間がかかるので、その分弁護士金額などが少々高額になるというデメリットがあります。

メリットの多い個人再生ですが、費用が高額になるのはやっかいですね。個人再生は今ではいまひとつ行っている顧客が数少ない債務整理コツですが、メリットも多いので、他の債務整理コツと合わせて検討して見てはどうでしょうか。ワキガ対策

小規模個人再生の手続き実情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

小規模個人再生を行うことが出来る奴については、いくつかの事柄があります。

小規模個人再生ができる事柄は下になります。

・住宅月賦を除いた債務総額が5000万円以下である
債務合計は貸金業者の請求する金ではなく、利回りポイント法の利回りで引き直した金を言います。債務総額が5000万円未満なら該当する人が多いのではないでしょうか。

・継続的に収入を得る見込みがある所作
個人再生では原則として3ご時世、例外で5ご時世で債務を返済終わることを想定して手続きを行うことになります。この間に継続的にギャランティがあることが必要です。サラリーマンや非常勤の以外、年金身の回りパーソンでも利用することが可能です。しかし身の回り保管受給パーソンは利用することができないので注意が必要です。

上記のような事柄を前もって敢然と理解しておきましょう。

小規模個人再生の雑返金開設金額とは

小規模個人再生の手続きでは債務に応じて雑返金開設金額というものが設定されています。詰まり支払わなければいけない金額が人道で定められているということになります。

・債務総額が100万円以下の場合は⇒債務合計
・債務総額が100万円以上500万円以下の場合は⇒100万円
・債務総額が500万円以上1500万円以下の場合は⇒5分の1
・債務総額が1500万円以上3000万円以下の場合は⇒300万円
・債務総額が3000万円以上5000万円以下の場合は⇒10分の1

上記のような感じになります。

実際には上記の雑返金開設金額と支払い値打補償の原則に基づいて、自己破産した場合に財産を処分して債権パーソンに配当されるであろう金のいずれか多い方を支払うことになります。http://www.ckschneider.com/

自己破産で手入れされる資産とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

自己破産では借金はゼロになりますが、代わりに自分が持っている資産も処置されることを知っておきましょう。

しかし基本的に自己破産するくらいのお客様は、総じてには目ぼしい資産が弱い人が多いのでそこまで心配する必要はないと思います。

また資産があってそれを処置すれば借金が返せるなら自己破産する必要はなく、別の債務整理ものを行ったほうがデメリットが少なくてよろしいと思います。

とは言っても具体的にどんな資産が自己破産で処置対象になってしまうのかもとより知っておくことは要だと思います。

下で具体的にどんな資産が対象になっているのか掲載しているので参考にしてください。

マイカーや実家以外に処置される資産はあるのか

自己破産すると実家やマイカーが処置されると言うことはたまたま理解している人が多いのではないでしょうか。何より実家やマイカーは大きな資産なので処置されるのは仕方がないことだと思います。

下記のような資産を持っているお客様は破綻管財人によって換金されて、債権輩にシェアされるので知っておきましょう。

・クルマ
見積もりが20万円以上のクルマは資産としてみなされます。最新登録された年が6時代正面であれば価値がないとみなされますが、上質外車や外車は6時代を超えても20万円のベネフィットがあるとみなされることもあります。

・不動産
我が家貸出残金が不動産店先が割り出した見積もりの1.5ダブル以内の場合には資産としてみなされます。

・費用
99万円までの費用は破綻輩が理由にルール・処分できる財となります。

・保険解約返戻金
保険を解約して戻ってくるお金が20万円以上であると資産としてみなされるので注意が必要です。複数の保険を解約して戻ってくるお金が20万円限りなら同様に資産としてみなされます。

・勇退費用
破綻を申立てた時点で退職した場合に支給されるはずの勇退費用の8分の1が20万円以上のとある場合には資産としてみなされます。

・手金払い戻しエントリー権利
手金の返納は20万円限りあった場合も資産とはみなされないです。

こうして見るとほとんど知らなかったアイテムもあるのではないでしょうか。自己破産では資産隠しをすると犯罪になるので注意が必要です。またごまかそうとしても見つかるので正直に敢然と申告するようにしましょう。若ハゲの薄毛改善

最近の投稿