奨学金返済できない人のための債務整理方法

奨学金返済できない人のための債務整理方法

奨学金返済できない人が多くなっている中で、自己破産などの債務整理を選択する人が増えてきています。奨学金返済の方法は自己破産以外の債務整理方法もあるので検討するといいです。奨学金が払えないならこちらを参考にしてください。

ホーム » 未分類 » 小規模個人再生の手続き実情

小規模個人再生の手続き実情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

小規模個人再生を行うことが出来る奴については、いくつかの事柄があります。

小規模個人再生ができる事柄は下になります。

・住宅月賦を除いた債務総額が5000万円以下である
債務合計は貸金業者の請求する金ではなく、利回りポイント法の利回りで引き直した金を言います。債務総額が5000万円未満なら該当する人が多いのではないでしょうか。

・継続的に収入を得る見込みがある所作
個人再生では原則として3ご時世、例外で5ご時世で債務を返済終わることを想定して手続きを行うことになります。この間に継続的にギャランティがあることが必要です。サラリーマンや非常勤の以外、年金身の回りパーソンでも利用することが可能です。しかし身の回り保管受給パーソンは利用することができないので注意が必要です。

上記のような事柄を前もって敢然と理解しておきましょう。

小規模個人再生の雑返金開設金額とは

小規模個人再生の手続きでは債務に応じて雑返金開設金額というものが設定されています。詰まり支払わなければいけない金額が人道で定められているということになります。

・債務総額が100万円以下の場合は⇒債務合計
・債務総額が100万円以上500万円以下の場合は⇒100万円
・債務総額が500万円以上1500万円以下の場合は⇒5分の1
・債務総額が1500万円以上3000万円以下の場合は⇒300万円
・債務総額が3000万円以上5000万円以下の場合は⇒10分の1

上記のような感じになります。

実際には上記の雑返金開設金額と支払い値打補償の原則に基づいて、自己破産した場合に財産を処分して債権パーソンに配当されるであろう金のいずれか多い方を支払うことになります。http://www.ckschneider.com/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL   
最近の投稿