奨学金返済できない人のための債務整理方法

奨学金返済できない人のための債務整理方法

奨学金返済できない人が多くなっている中で、自己破産などの債務整理を選択する人が増えてきています。奨学金返済の方法は自己破産以外の債務整理方法もあるので検討するといいです。奨学金が払えないならこちらを参考にしてください。

ホーム

奨学金返済できない場合の対策方法について

奨学金返済できない場合の対策

 

奨学金返済ができない若者が増えてきているのはニュースなどでも話題になっていますよね。

 

実際に奨学金返済のために風俗で働いている女性や、奨学金返済のために色々なところから借金している人も出てきています。

 

奨学金返済は滞納してしまうと金融機関のブラックリストに掲載されてしまって、お金が借りれなくなってしまうという事態になってしまいます。

 

そのためお金が借りられず、奨学金が返済できないため、利息が増えてしまってどうしようもなくなってしまう人が出てきています。

 

そもそも奨学金制度とはどのようなものなのでしょうか?

奨学金制度とはどのようなものなの?

奨学金制度とは

 

奨学金は高校や大学へ通う学費が無い学生のために日本学生支援機構の「奨学金制度」を使って学費を工面することができるというありがたい仕組みです。

 

基本的に奨学金でお金を借りて大学などの学費を工面していって、卒業後に毎月一定額を返済していくという仕組みになっています。

 

近年では大学の学費の工面のために奨学金を利用している人が多いですが、日本の奨学金は無償ではなく有償なので、返済義務を負う奨学金が一般的になっています。

 

大学の学費などは私立か国立によって違うだけでなく、学部などによって大きく違ってくるので注意が必要です。

 

基本的に大学の学費は高額なので、大学卒業の時点で数百万円の奨学金という借金を背負わされて世間に出されるという現状があります。

 

そのため奨学金返済のために20年近く毎月15000円くらい支払っていかなければならないということも珍しいことではないです。

奨学金返済できない若者が増えている原因

奨学金返済できない若者が増えている原因

 

奨学金は昔からある制度ですが、どうして近年になって奨学金が返済できない若者の問題がクローズアップされているのでしょうか?

 

奨学金で大学を卒業した学生は、卒業後にしっかりと働いて返済していくことを想定して作られている制度ですが、雇用が流動化して終身雇用制度が崩壊している現在では何十年も返済が必要な奨学金返済ができないというのが大きな理由です。

 

つまり非正規雇用が増えているという問題はニュースでも多くやっていますが、こうした非正規雇用の若者が奨学金返済の負担に耐えられなくて、払えなくなってしまったというケースが多いです。

 

さらにそもそもの大学の学費が高くなっているもの原因の一つです。

 

大学の学費は少子高齢化による生徒確保のために、色々な設備投資にお金を使っているという現状があります。

 

そのため生き残りのためにどんどん設備を充実させており、その結果学費が高くなっていっているという現状があります。

 

これからも大学の学費はどんどん高くなっていく可能性が高いので、さらに奨学金が返済できない若者が増えてくると思います。

奨学金が返済できない場合にはどうなるのか?

奨学金が返済できない場合

 

奨学金が返済できない若者が増えており、制度の問題が指摘されている現在ですが、実際に奨学金が返済できない状態になるとどうなるのでしょうか?

 

というか奨学金を滞納してしまった場合に日本学生支援機構などの奨学金を取り扱っている機関がどのような対応をするのかが問題になってきます。

 

昔は滞納する人がいて問題になっていましたが、そのため現在では滞納者に対してかなり厳しい取立てや措置が行われているという現状があります。

 

奨学金返済できない場合の機関の対応

    • 引き落としされないと催促される
    • 催促されても返済されない場合は法的措置
    • 最終的には差し押さえや強制執行

引き落としされないと催促される

奨学金は返済が滞ると本院や連帯保証人などに文書や電話などで督促が来るようになります。

 

さらにその後、奨学金を3ヶ月間延滞すると氏名や住所などの個人情報が、金融機関等によるブラックリストに掲載されるようになってしまって、クレジットカードやローン等が組めないようになってしまいます。

 

まだ若い時期にこういったクレジットカードやローンが組めないというのは結構やっかいなデメリットなどで、延滞3ヶ月くらいでもかなり厳しいと取り立てだということがかります。

 

ちなみに金融機関のブラックリストは最低でも5年から7年は削除されないので注意しましょう。

催促されても返済されない場合は法的措置

上記のような催促があった場合でも奨学金の返済が行われないような場合には、法的な措置が行われることになります。

 

具体的には返済を求める裁判手続きが行われるということになります。

 

ちなみに裁判になるとこちらが敗訴するので、そうなると滞納者に裁判所から奨学金を返済するようにという命令が行われます。

最終的には差し押さえや強制執行

裁判所で奨学金の返済を命令されても返済が行われないような場合には、財産の差し押さえが行われます。

 

ここまでくると最終段階と言っていいと思います。財産が差し押さえられると競売などにかけられてしまうのでどうしようもなくなってしまいます。

 

このように奨学金返済が滞るとかなり厳しい取立てが待っているので、できるだけ早めに債務整理をしたほうがいいです。

債務整理のデメリットとブラックリストの間隔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

債務整理は借金を減額したり帳消しにできるというメリットがありますが、メリットばかりでは無くデメリットも存在します。

債権やつが任意整理や民事快復、自己破産の発言を行った際や、弁護士や裁判書士が借金やつから委任したことを示す「委任警告」を出した場合「ブラックリスト」に登録されることになります。

悪徳リスとは、実にそういう名前のカタログが存在するわkではなく、津々浦々銀行協会の頼み情報正中やクレジットカード仕事場が加入するCICなどの民間頼み情報機関のDBにログインされている個人の頼み情報の建物、返済能力への災厄情報を登記した情報のことをいいます。

こういう情報は分配されているので、ブラックリストに掲載されるとそこに登録されているファイナンス仕事場などに債務整理をしたことが分かってしまいます。

そのため債務整理をすると5歳から7歳に渡って下記のようなデメリットが生じるようになってしまいます。

・銀行や貸金業者、クレジット仕事場から新規にお金を借りることが出来なくなる

・愛車や住まいなどの確保で貸し出しやクレジットが組めなくなる

・借金の支出が遅れるとカード選択ができなくなったり、新規のカードが作れなくなります

債務整理は非常にメリットのおっきい借金組合せの施術ですが、デメリットが無いわけではないのでこういったデメリットがあることを敢然と理解しておきましょう。

ブラックリストの効力タームとは

ブラックリストは通常は5歳から7歳くらいは残ることになります。

ブラックリストと大仰には言っていますが、あくまでも金融機関の与信吟味を用件に民間の情報機関が作成した品なので、戸籍冒頭は全体結果が乏しいだけでなく、運営認可の堅持や置換、パスポートの堅持の際にも論点にはなりません

またブラックリストへの明示は永遠に残るわけではなく、各頼み情報機関で定められているタームを過ぎると却下されるので安心してください。

新拝借やカードが作れないというデメリットはありますが、これが借金とバイバイするきっかけになってくるので、デメリット敢然と受け止めて新しい一生を送りましょう。母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

任意整理によるデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

債務整理の任意整理を行って借金返済額を減らしたいと思っている人の中にはいかなるデメリットがあるのか知りたいという人も多いと思います。

その際に気になるのが任意整理によって業者から嫌味などがないかなどではないでしょうか。取り敢えず債務整理を行うと、あまりに債権やつには多くのデメリットが生じるので、借金やつとしては何かされるのではないかと不安に思うのは当然のことだと思います。

ただ任意整理の場合には、飽くまで調整によって解決する債務整理の企画なので、どちらかが確信しなければ成立しないです。

通常は任意整理によって調整がつかない場合はぜんぜんなくお互いがOK状態で示談するので、嫌がらせを受けることはないです。

ただ話し合いを有利に進めるには当ウェブページで紹介しているような債務整理に著しい法律事務所の勢いが必要になってきます。

任意整理を行うとあとあとお金が借りられなくなるのか?

債務整理の任意整理を行った後に気になるのが、手続きを行った後にお金が借りられなくなるのかということです。

結論から言うとそんなことはないです。任意整理をしたからといって対価を借りることができなくなるということはなく、頼り通報役所にその実例が登録されるということです。詰まりブラックリストに載ってしまうということです。

こういった事は債務整理に共通するデメリットではありますが、こういう記帳は標準5年から7年で解除されるので、その期間が経過すると従前どおりに対価を借りることも、借金を組むこともオッケーです。

債務整理は借金を減らすことができる究極の手続き企画なので、これくらいのデメリットは貧弱と思ったほうがいいです。

またデメリット自体も期間限定なので、決定的なデメリットでも無く、借金で困っているのなら金額が膨らむ前に早めに債務整理をしたほうが素晴らしいと思います。婚活サイト無料ランキング

最近の投稿